営業所留めとは

ネット通販サイトの配送で「営業所留め」可能と記載があることがあります。
営業所留めとはお買い物して発送された商品が自宅に届くのではなく、宛先に一番近い配送会社の営業所に届けられ、受取人が営業所まで商品を受け取りに行くサービスです。

主に家を留守にしがちで荷物を受け取りにくい人や、家で荷物を受け取りたくない人、早く荷物を受け取りたい人などがよく利用します。

注文時に配送業者の営業所を指定します。
なお営業所で商品を受け取る際には本人確認証と印鑑が必要になります。

ネット通販サイトでは佐川急便かヤマト運輸どちらかの営業所留めがほとんどです。

佐川急便の営業所留め

「営業所受取サービス」という名前になっています。
営業所で荷物の受け取りをするサービスです。お荷物の受け取り可能時間は営業所により異なります。
営業所へ荷物を受け取りに行く際は、本人確認が出来る書類(免許証、保険証等)と印鑑が必要になります。
営業所での荷物の保管期間は、初回配達日から7日間となっています。

ヤマト運輸の営業所留め

「営業所止置きサービス」という名前になっています。営業所止めは宅急便だけでなくメール便でも可能です。
荷物の受け取り可能時間・曜日は営業所により異なります。
営業所へ荷物を受け取りに行く際は、本人確認証(運転免許証、健康保険証、学生証、パスポート、社員証、クレジットカード、キャッシュカード等)と印鑑が必要になります。
代理で受け取る場合、家族なら受け取りに行く人の本人確認証と印鑑、友人等の場合は宛名受取人様の本人確認証(コピー可)と印鑑が必要です。
営業所での荷物の保管期間は、受取可能日から起算して1週間となっています。(一部例外あり)

営業所留めのメリット

営業所留めは、以下のような場合に利用されています。

・自宅に配送されると困る
・家族や本人以外の人に荷物を受け取られたくない
・留守が多く、在宅の時間が定まっていないため、都合の良い時間に確実に受け取りたい
・学校や職場で受け取れない
・プレゼントなのでサプライズのため自宅に届けて欲しくない

自分の都合のいい時に受け取ることができるので、多くの方に利用されています。

営業所留めを利用する場合の注意点

荷物の保管期間について

保管期間の延長は出来ません。
保管期間を超えた場合、荷物を受け取れなかったり、返送されたりする場合もあるので注意しましょう。

どの運送業者と契約しているのか確認しておく

利用する通販サイトが、どの運送業者を使用しているかをあらかじめ確認しておく必要があります。
サイトによって契約している運送業者が異なるからです。
例えば佐川急便を利用している通販サイトに「ヤマト運輸の営業所に送ってください」ということは出来ません。

フォローする